HOME > 

資金計画を立てる

住まいのリフォームを考えている人が一番知りたいことは、「どれくらいの費用がかかるか」ではないでしょうか。一般的にリフォームは大きな費用がかかると思われています。しかし、ひと部屋の内装を変えたり、フローリングに張り替える程度のリフォームならば、そんなに大きな費用は必要になりません。おおよそ6畳位の部屋であればクロスのグレードにもよりますが10万円もあれば大丈夫です。その反面、キッチンも最新のお洒落な仕様に変えて、同時にダイニング、リビングもお洒落なイメージに統一するなどの場合は機器代も高くなりますので200万円を越す位の費用が必要になります。

私たちは買い物をするときに、必ずといっていいほど値札を見ます。そして財布の中身と相談しながら買い物をします。ところが、リフォームの場合は、業者から見積もりを取らないと、いくらお金がかかるのかがさっぱり分かりません。リフォームというものは、事前に費用が分かりにくいものなのです。ましてや、一人ひとりそれぞれにリフォームの内容も範囲も違ってきますので尚更です。また、実際に工事をしてみないと土台の補強が必要かなども分かりません。
キッチンが古くなったので取り替えたいと思っても、いくらお金がかかるのかが分からなくては計画も立てれません。資金は無限ではありませんので、ある程度の見込みは知っておきたいものです。

最近はインターネットなどでも工事費の情報は集められるようになりました。本サイトでもリフォームの傾向に併せて、おおよその費用と工期の目安を説明しています。是非、参考にしてみてください。最終的にはプランに合った見積もりを業者から取り寄せて検討することが必要になりますが、その場合でもおおよその目安を知っておくことは大切です。おおよその費用を把握して全体的な資金計画をたてることが、リフォームで後悔しないポイントでもあります。
また、工事費以外でも、照明器具や新しい家具の購入などもリフォームと併せて取り替えるケースも多いようですので、そのような付帯する費用も必要となりますので、余裕をもって資金計画を立てることをお薦めします。

ページの先頭へ